HOME>トピックス>レーザー脱毛と医療針脱毛という2つの脱毛法がある

目次

医療機関のみで受けられる脱毛法

腕

永久脱毛は美容クリニックや美容外科といった、医療機関のみでしか施術を受けることができない脱毛法です。毛根を壊す効果があるので医療行為とみなされており、エステサロンや脱毛サロンといった施設では施術を行うことはできません。

現在の主流はレーザー脱毛

現在、永久脱毛の主流となっているのは黒い色に反応するレーザーを使う、「レーザー脱毛」という方法です。レーザー脱毛は広範囲でも比較的短い時間で施術を終えることができる、従来の永久脱毛よりも施術中の痛みが少ないというメリットがあります。レーザーの熱エネルギーで毛乳頭や毛母細胞といった、ムダ毛を作る組織を壊すことで脱毛効果を発揮するのがレーザー脱毛の仕組みです。レーザーは熱エネルギーが高いということもあり、少ない人だと5回ほど平均して10回ほどで脱毛が終わるという、施術回数の少なさでも多くの人に選ばれています。

医療針脱毛という方法も

医療機関で受けられる永久脱毛の主流はレーザー脱毛ですが、クリニックの中にはレーザー脱毛以外に「医療針脱毛」という方法の脱毛法も行っているケースもあるようです。医療針脱毛は特殊な加工がされた針を毛穴に差し込み、電流を流して毛根組織を破壊しムダ毛を処理するという脱毛法です。毛根組織が壊れてしまうので永久脱毛の効果があるのはもちろん、肌の色やムダ毛の質関係なく施術を受けられるという特徴もあります。

広告募集中